どうやって決める?子どもの名付けの決定打とは?

意見が割れたときなどの第三者的目線、姓名判断

赤ちゃんが出来たら出産までの間に色々な準備が必要ですが、その中でもパパとママの頭を悩ませるのが名づけ問題です。子どもの名前は一生使うものですから、できるだけ慎重に決めたいと考えている人も少なくないはず。色々な候補を挙げながら、最終的な決め手となるのは何なのでしょう。パパとママ、また周囲の人との意見がなかなか一致しない場合など、第三者的な目線で使われるのが姓名判断です。趣味や好みとは違った目線で名前を検討する材料にもなるので、最終決定には姓名判断を使うと言う人も多いのではないでしょうか。

わが子の名前はこれ!と元々決まっているケースも。

中には、子どもが生まれたらこの名前を付けると初めから考えているというケースもあるでしょう。代々名前の一文字を継承しているというケースや、かならず付けたいという憧れの名前があるなど、わが子の名前に関してはこだわりが強い人もいるのではないでしょうか。そういった場合は、いくつも選択肢を出す必要がないので、すんなり名前が決まることもあり、名付けに対してあまり悩まないということもあります。しかし字画や姓名判断など、別の選択方法が出てくると名前を変更したりすることも少なくないようですね。

赤ちゃんと対面してから決める人も多数

赤ちゃんの名前は出産前に決めるという人が多いですが、実際には出産し赤ちゃんと対面してから最終決定するという声も多く聞かれます。候補になっていた名前が、実際の顔や姿に似合うかどうかを意識するケースが多いのではないでしょうか。また性別などが予想と違うなど、名前の変更をしなければならないこともあるので、赤ちゃんの顔を見るまでは本当にその名前にするのかどうか分からないという緊張感もあります。名前は親が子どもにする初めてのプレゼントとも言われ、どんな名前を付けるのか、わが子にどんな願いを託すのかを重視していることが伺えます。

命名とは、生まれた子供への「名前」という一番最初のプレゼントであり一生を共にするとても大切なものです。